FC2ブログ

夏の北海道を撮影する

こんにちは。写分会長の2年の槇本です。

9月に入り、すっかり涼しくなってきましたね。
皆さん夏休みをいかがお過ごしでしょうか?

先日、北海道の札幌にてWRCの夏合宿が行われました。私は解散した後、先輩方と北海道に残り、道東方面を撮影してきましたので一部紹介させていただきます。

おおぞら

まずは トマム〜新得 で撮影したスーパーおおぞらです。
スノーシェッドから飛び出してくる姿が、雪国の特急らしくて良いですね。

おおぞら俯瞰

こちらも同じくスーパーおおぞらです。音別にある丘から俯瞰しました。
北海道は移動距離がとても長いので、1日にかけもちできる撮影地が少なくなってしまいます。貴重なシャッターチャンスを無駄にしないように集中して撮影しました。


次の日は根室本線の末端区間(花咲線)へ向かいました。

キハ

湿原を走るキハ54形です。スケールの大きな風景の中を、小さな気動車が走っているのが面白いです。
今回はレンタカーを利用したのですが、また来ることがあれば、列車に乗って旅をしてみたいです。


セイコーマートで昼食を済ませたあと、18きっぷのポスターのロケ地に選ばれたことがある厚床駅に立ち寄りました。

あっとこ

駅名標と、奥に広がる草原がゆるーい雰囲気を出していました。先輩にモデルになってもらい、ポスターと同じポーズで撮影しました。

落石

最後のカットは落石で撮りました。広大な草原が海に向かって切り立っており、本州では考えられない光景です。ステンレスの車体が夕日にギラリして、存在を主張してくれました。

この撮影ポイントまでは、腰の高さほどの雑草を掻き分けて歩かなければならず、さらに蚊が湧いており、鹿も出没しました。危険です。


(写真は全て筆者が撮影)

文責:H.Makimoto



スポンサーサイト



新緑・清流を求めて


こんにちは!
WRC4年の川田です。

あっという間にGWが過ぎ去ってしまったような気がするのですが、
皆さんのGWはいかがでしたでしょうか?

私は後輩たちと飯田線・高山本線へ行ってまいりましたので、
少し紹介させて頂きたいと思います。

4787.jpg

まずは秘境駅で有名な飯田線、アルプスをバックに。

空の青、新緑の緑、そして車両のオレンジが、素晴らしいコントラストを形成しています!

飯田線は本数が少ないのが非常に残念なのですが、
澄んだ空気が心地よく、列車待ちの時間があまり退屈になりません♪

この日は天候に恵まれ、このあと天竜峡以南へ移動して
新緑と列車の組み合わせを追及しました。


1日かけて飯田線を満喫したあとは高山本線へ。

5020.jpg

色鮮やかに見頃を迎えた新緑に、一同癒されます。

高山本線は沿線を通して素晴らしいロケーションなのですが、
飯田線と同じく列車本数が非常に少ないので撮影が全然追い付きません💦

1週間くらいかけてゆっくり撮影したいなぁ。。。



撮影の合間に、ちょっと駅に寄ってみると・・・
4967.jpg

誰も居ないと思いきや、2人の青年が。
旅の計画でも立てているのでしょうか 笑

はい、和気藹々とやっております(^^)


高山本線へは何度も通っていますが、路線が魅力的なのはもちろんなんですが、
実は撮影後に宿の露天風呂でゆっくりするのが一番の楽しみだったりします。

翌朝は天気予報が曇りのち雨ということもあり、
アルプスを眺めながらのんびり朝風呂にも入りました。


5150.jpg

さて、いざ撮影を始めてみると、雲がいつの間にか消えていき、完全に晴れてしまいました!

曇りだったのが列車の通過時だけ晴れることはけっこうあったりしますが、
この日は雨の予報は何だったんだ?というくらい綺麗に晴れました。

のんびりスナップでも撮って帰ろうと思っていたのですが、
せっかくなので、結局この日もガッツリ撮影。

b5187.jpg
新緑と清流に恵まれた高山本線。

最後はPLフィルターを使った強めの演出で!


(写真はすべて筆者が撮影)
文責:T.KAWATA















新歓合宿オプション撮影ツアー

こんにちは。WRC3年の山本です。先日は新入生歓迎合宿が鬼怒川温泉近くの新高徳という場所でありました!来てくださった新入生の方々はありがとうございました!

さて、そんな新入生歓迎合宿の後はすぐ北上できる立地ということで会津への撮影ツアーを敢行致しました。この日は快速あいづ号、そして12系の臨時列車があるということで磐越西線は鉄道ファンで賑わってました。

まずは会津へ行く前に郡山近郊でカシオペアを朝練。正調編成のカシオペアは朝の光線に映えます。DSC_0051_s.jpg

そしてその後は一路会津の地へ!まずは東長原近くであいづ2号を撮影した後翁島の磐梯山をバックに出来る撮影地であいづ1号を撮影!やはり12時近くなのでこの時期だと日が高いですが、それでも磐梯山を背に駆け抜ける485系は磐越西線電化区間のハイライトではないでしょうか。DSC_0070 (2)_s

あいづ1号を撮影した後は12系の臨時列車、「DL青い12系客車号」の往路を撮影しに非電化区間へ!場所はそんな非電化区間における代表的な撮影地といえる山都の鉄橋に行きました!快晴の日のこの場所は大変素晴らしいロケーションですね。この撮影ツアーの中では個人的に一番満足しました。DSC_0075_s.jpg

往路をやったら、当然復路もということで復路は鉄橋から車で5分程度の山都発車後のストレートへ。こちらは無難な編成カットをひとまず抑えたといったところでしょうか。DSC_0091_s.jpg

そして撮影ツアーの栄えある〆は「あいづライナー」時代からの6号の代表的な撮影地である広田の直線へ!菜の花が大変綺麗でかつ夕方の日の低い斜光線ということでなかなか満足の行く結果に。この日は終始晴天に恵まれ、曇られる心配もなく全体的に満足の行く撮影となりました♪DSC_0099_s.jpg

(写真は全て筆者が撮影)
文責:F.Yamamoto

春爛漫の磐越西線

こんにちは。またまたWRC3年山本です。4月18日、快速あいづ号が走るのと郡山近辺の桜が満開とのことで、一路磐越西線を目指しました!

まずは知り合いの案内により喜久田の桜からスタート!見事に満開の桜の景色は感動に値するものでした!国鉄色と桜のコントラスト、非常に美しいです。
DSC_0050 (2)_s[1]

DSC_0055_s.jpg

お次は広田の磐梯山バックまで北上!やはり春だからか完璧な山バックとは言い難いですが、この時期にしてはいいほうなのではないでしょうか。
DSC_0062 (2)_s

この他にもSLや719などいろいろ撮影し、満足の行く遠征となりました!磐越西線は非常にロケーションが魅力的なところなので、今後も是非撮影しに行きたい路線です。

(写真は全て筆者が撮影)

文責:F.Yamamoto

カシオペアEF81代走を撮る!

こんにちは。WRC3年の山本です。少し前の話となりますが、3月の半ばにカシオペアがEF81で代走したので撮りに行って参りました!複数あったうちの二回行きました。

まずは81-95の代走から。こちら晴れて条件もよく、良い感じになりました。


そしてこちらは81-97の代走。晴れてることは晴れてましたがヘッドマークが悲惨なことに・・・
CSC_0021_s.jpg

97のほうはやや消化不良でしたが、久々に81がカシオペアを牽引する姿は大変かっこいいものでした!
(写真はどちらも矢板~片岡にて筆者が撮影)

文責:F.Yamamoto
プロフィール

早稲田大学鉄道研究会(WRC)

Author:早稲田大学鉄道研究会(WRC)
早稲田大学「学生の会」認定サークル
早稲田大学鉄道研究会(WRC)です。

WRCで行ったことやお知らせなど、さまざまに書き込んでいきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
Blog村リンク
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ